さいとうこうたろう物語

ノマドワークに憧れるサラリーマン。新しい働き方に興味津々。

自民党が質問時間の配分を変えようとしている件に関して

f:id:koutarosaito:20171108194111j:plain

色々と考えるいい機会になったのでまとめ。

 

国会の質問時間「野党長すぎ」は本当か? | プレジデントオンライン | PRESIDENT Online

ここで、なぜ質問時間が野党に優位に配分されているのかを考えてみたい。理由は2つある。 

 とあって、その後、1つ目は国会対策。質問時間の増減が謙虚さを失ったかどうかは国会での質問を見て判断するしかない。

2つ目は納得。枝野代表も言っているけど、国会で法律を成立させる際のステップとして、与党と政府は意見交換を事前に行っているので、国会に提出される前にすでに議論は尽くしているはずでしょ?って言う事。

ここでの与党議員の主な仕事は、政府と議論して法案をつくりあげ、国会に提出することだ。国会に法案を提出した段階で、党として賛成することは決まっており、法案づくりにも関与しているのだから、国会提出後に質問すべきことはあまりないはずだ。質問しても、答弁が最初から分かる「出来レース」のようなやりとりになってしまう。

これは確かに良くないが、その後に続く部分をみると、出来レースのやり取りも必要なんではないかと思う部分もある。

国会での質問時間が、法案づくりに参加せず、内容を熟知せず、賛否を決めていない野党議員に多く割かれるのは当然のことなのだ。 

 内容を熟知していない議員が質問してもだめでしょ。日本の場合、賛否を決めていない野党議員って党議拘束かかるからなー。

その後、自民党が野党時代に質問時間の延長を求めていたとあったりとするが、これに関しては、一貫性がないのは好ましくはないけど、今までも駆け引きと慣例で決まっている部分もあるので、ベストな部分はどこかというのは探してほしいとも思う。

というのも、結局のところ「国会運営」をどうするかは手段であって目的ではない。より良い方法があり、それによってより良い結果が得られるならば伝統をかなぐり捨ててでもやったほうがいいと思う。

国会の質問時間「野党長すぎ」日本だけ? 「8対2」他の国でも… - withnews(ウィズニュース)

こういう場合こそ海外を参考にすべきだろう。

 日本と同じく、首相を国会議員から選ぶ議院内閣制のドイツ。会派ごとに経済、教育、外交など大きなテーマを扱う「大質問」、会期中は毎週政府が議員の質問に答える「質問時間」、タイムリーな話題を扱う「時事討論」などがあります。

 調査がまとめている2005年から2009年の数字で見ると、質問件数で野党が占める割合は大質問で98.4%、質問時間で80.7%、時事討論で99.1%。ほとんどすべてを野党が使っています。当時は与党が議席の7割を占めていました。 

 ドイツは質問はほとんどが野党だとか。日本にも委員会みたいなテーマを扱う部分もある。いいなと思うのは話す内容を限定しているところだな。

予算会議では予算について話す。毎回毎回同じような追求をしないと言うのはいいことだと思う。

やはり議院内閣制で、世界でも指折りの伝統ある議会を持つイギリス。議会の開かれている週には、月曜から木曜まで毎日1時間の「質問時間」があります。

 議員は3日前までに質問を提出。限られた時間でどの質問をするかは抽選で決めます。与党か野党かは考慮されません。ただし、答弁に対して他の議員が追加でもう一つ質問をすることができ、これは与党と野党が交互にすることになっているそうです。

 なお、水曜日は特別で、30分は首相が答えることが決まっています。まずは「首相のきょうの予定」を質問し、追加で事前の通知なくあらゆる分野の質問をするのが慣例です。

 このとき、野党第1党の党首に限って6問まで質問ができます。事実上の党首討論になっています。

 イギリスの伝統の質問時間は取り入れたらいいんじゃないかな。自民党としては問題を毎日突かれるのは嫌だろうけど、その部分を締め付けて国会が運営できないってのも問題でしょう。なら、1時間だけと決めて毎日やればいい。その代わり立法に関してはきちんとやる。問題が起きたらすべて止まり審議がされないというのが一番いかん。

フランスとかを見てもやはり、与党の質問時間は短い。

落とし所としては目的のある国会ではきちんと野党をチェック機能としてやる。何でもありの議会は限定して実施し、それ以外の部分はその話題を出さないとする。ただ、これって結局国会中継の部分で影響が大きいから、ある程度メディアの役割が問われるところやね。

この件に関しておときた議員が違う目線からの提案があったので紹介。

議会における質問時間配分は「議席数」が基準。でも、得票比率は考慮されても良いのでは?

野党は野党で支持層があって、その人達の考え方を代表しようとしている。一方で自民党には自民党の支持層があるのだから、その人達にとってどうなのかという部分は明らかにされる必要はあるとは思う。が、自民党の支持層って結局のところコアな部分を除けば割と幅広いので、その内容が結局のところどうなのかっていうのを明らかにするっていう意味で自民党の質問は必要かなと。

しかしながら、国会のチェック機能は大切だから、時間よりも内容への制約が必要なんじゃないかな。

FRB次期議長が選ばれる日

アメリカで2日の午後にFRBの次期議長が発表されるとか。

報道だとパウエル氏。果たしで誰になるのか。

ビジネスマンで、ハト派だそうなので、アメリカ自体は好景気だから結構いい選択なのかな。

赤ずきんちゃんの印象

f:id:koutarosaito:20171031071831j:plain

赤ずきんちゃんのストーリーにはグリム童話集以外にもフランスのペロー童話集なるもので掲載されていたとのこと。

http://rhinoos.xyz/archives/10286.html

上のホームページが非常にわかりやすくて、比較されているので参考になる。

赤ずきんちゃんは暴力的な印象?

赤ずきんちゃんのパロディを見ているとどうも暴力的な印象を受ける事がある。確かに、他の童話に比べややバイオレンスな表現が多い。グリム童話では狼のお腹を切ってみたり、お腹に石を詰め込んでみたり・・・

猟師がお腹をハサミで切ったのだけど、赤ずきんというストーリーとか諸々が合わさって暴力的な話になったのだと思う。

性的要素満載

ペロー童話集の赤ずきんちゃんをみるとかなり性的な部分が出てくる。というよりも訓話部分がストレートにそれ。

若い娘が悪い男に騙されて性的にいたずらされるという危険性があるよというストーリー仕立てで、狼も狼おじさんとなっている。

ちなみにペロー童話集は最終的に狼に仕返しをするシーンはない。

なので、原作をモチーフにして現代風にアレンジしていくとバイオレンスありの大人要素ありのお話になってくるのは仕方ない。

しかしながら、設定としては日常と非日常のないまぜというか現代でも不変な内容であるし、大筋の話は現代人でもわかるので設定を借りてパロディを作っても面白いと思う。

憲法7条の解散権は制約すべきか否か

解散権に関しては私も制限を加えるべきだと考えている。

agora-web.jp

これに関しては、民意を問うというのは民主主義において大切なことではあるものの、突然の選挙によって民を主たる問としていない部分に関しては政治の継続性を失いかねない。そうなると流石に停滞を招きかねないし、衆議院の解散自体が結構な頻度で行われているのはコスト面でも望ましくないと思う。

解散の決定については第69条で「内閣は、衆議院で不信任の決議案を可決し、又は信任の決議案を否決したときは、十日以内に衆議院が解散されない限り、総辞職をしなければならない」と規定されているが、「解散は重要案件が否決されたときなどに限られると解すべきで、党利党略で行われる解散は不当である」(芦部信喜憲法』)というのが通説だ。

正直なところ、憲法学の権威である芦部氏の通説を気にする必要はないと思っている。もちろん、基本的な考え方は必要だけど。 というのも、手続き的に問題ないのであればそれは法律として明記されていないのでその点において解釈ですすめるべきではないと思う。

護憲というのに極めて否定的で、議論の対象なのであれば議論をして憲法にきちんと明記すべきだと考えている。

日本の諜報部隊ってどんなものなのかな

これの話、日本も人の振り見て我が振り直せかな。

www.sankei.com

日本に超強力な諜報部隊があって、その部隊がわれわれはこれだけ情報集めをしています!みたいなことを言うのは問題でしかないけど、日本も同じような状態かと思っている。

経産省が執務室に鍵をかけるようになったのは記憶に新しい。

www.asahi.com

確かに国が公表する資料は公共性があるけども、それを集める過程とか、行われている案件に関しては秘密にすることも大切でしょ。投資の世界ではやれGDPの速報なんかで株式市場が荒れることがあったりするのに、その情報を事前に得れるってのはインサイダー以外の何物でもない気がする。

厳密に情報の重要度がわけられているということなら問題ないかもしれないが、そううまくいくのかな。

情報は武器というのは企業だけの話ではないので、きちんと情報を掴んで、対応できる日本政府であってほしいとは思う。

 

最高裁判所裁判官の国民審査

f:id:koutarosaito:20171014190745j:plain

これがきちんと報じられるのはいいこと。

www.asahi.com

ともすればないがしろになってしまいがちな最高裁判所裁判官の国民審査。今回の結果としては全員信任。

 審査では、「辞めさせるべきだ」との意思を示す×印の票が、「信任」を意味する無印の票より多ければ罷免(ひめん)される。今回、×印が最も多かったのは小池裕裁判官の468万8017票で×印の割合は8・56%。

小池裁判官が割りとやめさせるべきだと言う意見が多かったみたい。

裁判所|小池裕

このウェブサイト見るのに少々スキルがいるけど、過去の事例をみて、意見が多数意見であればその人の意見は多数側だったということか。たとえば、小池裁判官は参院選一票の格差に関して棄却に対して賛成している。大筋として格差は認めたものの、選挙の無効性を主張するに足る格差ではなかったということ。一方で鬼丸かおる裁判官は同じ件に関して反対意見として書かれている。

裁判所|鬼丸かおる

投票終わってしまったので今更感がありありな中で、次回の最高裁判所裁判官のコミン審査があったときのための自分用のメモ。

以下のサイトで簡単な自己紹介以上の部分がまとめられている。

yaserucola.hatenablog.com

とくに、関わった裁判という部分はまとまっててスタートとしては面白い。一票の格差に特に興味があるのであればそういった検索をかければ結構出てくる。

www.asahi.com

朝日新聞なんかも積極的に報道しているので検索かけてみるのはいいかも。

この分野に関して専門知識をもっているひとでないとなかなか逐一追えないので、こういうときにメディアとか、個人できちんと追っかけている人のブログなどを参考にしよう!ただ、メディアリテラシーは必須!

総選挙が終わって、いろいろと分析結果が出ている中で「野党一本化なら」シナリオ

f:id:koutarosaito:20170929071718j:plain

朝日新聞の野党一本かならどうなるかという分析が興味深い。

www.asahi.com

タイトルだけ斜め読みすると野党一本化したら景色がガラッと変わっていたということになるんだけど、やりかたが荒い気もする。

今回の衆院選は、政権批判票の受け皿となる野党が分散したのが大きな特徴だ。複数の野党候補(野党系無所属を含む)が競合した「野党分裂型」226選挙区のうち、約8割の183選挙区で与党候補が勝利をおさめた。一方、朝日新聞が各野党候補の得票を単純合算して試算したところ、このうち3割超の63選挙区で勝敗が逆転する結果となり、野党の分散が与党側に有利に働いたことがうかがえる。 

ここでの前提は以下。

そこで、「立憲、希望、共産、社民、野党系無所属による野党共闘」が成功していればという仮定のもと、朝日新聞は独自に、各選挙区でのこれらの候補の得票を単純に合算する試算を行った。その結果、「野党分裂型」226選挙区のうち、63選挙区で勝敗が入れ替わり、与党120勝、野党106勝となった。

 今回無所属になった政治家が希望と共闘するかというのは難しいし、そもそも共闘自体があかんということで民進党を抜けた細野議員なんかもいるわけで。朝日新聞側として仮定をやまもりにして話をしたらややこしくなるから、単純明快にするっていうのはいいこと。ただ、実際に野党共闘をしたとしてもそううまくは行かないだろう。

単純な足し算のようなので、「希望の党以外が共闘」なんて言うパターンも作ってほしかったな。

しかしながら、この野党共闘は一強他弱の状態だから成り立つ気もする。というのも、自民党公明党も)対反自民だから票が増えるわけで。仮に、自民の議席が減っていき、政権選択となった際にはそれぞれの議員を吟味する必要があるし、だれが総理大臣になるかということを考えないといけないだろうからちょっと変わってくる。

野党共闘して自民が過半数を割ったときにどうするのか?「政権」はどうなるのか?「行政」はどのようになっていくのか?そこまで考えると野党共闘は一時的なものにならないといけないやろね。