さいとうこうたろう物語

食にまつわる仕事をする人間が、日々の出来事を軸を持って眺めてみたい。

帳簿の自動化処理は個人にこそ優しいのでは?? 2016/03/02

はいさい!!

確定申告といえば弥生って言うくらい有名な会計ソフトウェアの弥生が、企業の請求書に基づく出入金を帳簿上で自動処理するサービスを出すのだそうな。ソフト開発会社を買収し、会計ソフトとの統合を目指すということらしい。

請求書の情報を入力するという作業は単純作業でありながら、会社の成績評価に繋がるものであり、何より間違っていたら虚偽や詐欺の疑いをかけられるのでなかなかにして煩わしい作業である。正確性と同時に速さなどが要求される。

自動で取り込んでくれるということは非常にありがたいだろう。どうしても中小企業などでは取引先の形の請求書を自分たちの会計システム合わせるというような形になるので、人手が必要になってしまう。

ましてやこれからは請求書上の消費税が軽減税率などの2段階税率があったり手間が増えていく方向性だから、こういった作業を減らしてくれるのはありがたい。

さて、このシステム。ぜひとも個人事業主向けのサービスでもどんどん導入していってほしい。会社としては個人事業主相手ではなかなか利益が出ないから、中小企業である程度稼いだ後に個人向けに請求書や経費処理などの半自動化を強力に進めてもらえればと思う。

OCRソフトウェアで領収書を読み込むようなサービス。交通費の簡易処理ができるようなアプリなどが世の中に結構溢れ出てきているので、ここは更に突っ込んだサービスができることを期待している。

会計処理というのは無くてはならない処理で正確性を求められるが、それでいて生産性があるわけではないので、利便性が上がることは非常に望ましい。個人事業の方や、企業が自分たちのサービスにより集中できるようなこういったシステムはぜひともより良いものを作っていって欲しいと思わずにはいられない。