さいとうこうたろう物語

食にまつわる仕事をする人間が、日々の出来事を軸を持って眺めてみたい。

イオンが格安スマホサービスを刷新 2016/02/26

はいさーい。

イオンリテールが格安スマホサービスを刷新するという発表があった。今までは代理店として通信業界に関わっていたが、今後はイオンリテールが通信業者となり、スマホ業界に参戦してくるわけだ。

実店舗を持つ事業者がこういった事業に参加することにより、幅広い層へと格安スマホサービスが目につき拡散していくかもしれないと思うと胸が熱くなる。とはいっても、正直なところ、そうやって情報を得る人が、格安スマホと普段使っているであろう携帯のサービスの違いをどこまで理解できるかというのは心配でもある。

だが、この動きによって本当に特をするのは現在格安スマホのサービスを利用している人であろうと思っている。というのも、今でこそましになったが、格安スマホは普通の通信サービスとはやや趣が異なる。普通の携帯サービスではすんなり出来たことが格安スマホだと少し手間がかかるなんてことはあった。理解と諦めがあれば、手間というほどではないかもしれないけど、そうしたストレスは実際にあったものと思う。

ここで、格安スマホが、いわば一般的な人に伝わっていくことによって素晴らしいことが起きる。そうした人はこういったストレスに弱い。それは単純に慣れていないからであるが、そういったことも想定してサービスを提供していかないといけないわけだ。そこで、サービスの拡充が行われる。もちろん単純なメリットだけではなく、ストレスからの開放という部分が期待される。

そうすれば、今まで手間であるとして諦めかけていた内容がより簡単になり、そして楽になるはず。そうやって現在手間を容認しながら使っている人が手間を感じなくなればすばらしい格安スマホライフが待っているといえよう。

しかしながら、データ通信のみのプランで50GBがあるのが少々面白い。このレベルの通信をする人ってどんな人なんだろう?これで1万円を超える通信料を支払うのであれば、ネット回線を契約するほうがかなり安上がりな気がするが・・・

でもでも、それを需要があると思ってプランとして提供していることは意外と需要があるのかなー。どうなるか楽しみ。