読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さいとうこうたろう物語

食にまつわる仕事をする人間が、日々の出来事を軸を持って眺めてみたい。

政府の地方創生へ

はいさい!

会員用の記事ではあるけれど・・・

www.nikkei.com

これは面白い。地域経済分析システムの活用を上手にできるという証明になるというもの。地方創生の担い手の育成を目的としたeラーニングなどを政府が提供するのだとか。確かに政府の人々はデータとにらめっこするのが仕事な部分もあるから、彼らが主導するというのはある意味国を担う人のデータの切り口を見れるようで楽しみではある。それとも専門家への参画を依頼するのか。はたまた大学教授などにそれを依頼するのか。いずれにせよ、地方創生は結果をだしてなんぼ。

データを上手く扱える人間だけではだめで、推進できる人間へと成長していって貰う必要があるだろうね。

面白いのが、ネットで合格した後に、東京で地域産業の分析や活性作を練る試験を受けて、その結果でランク分けされるのだとか。平成28年になるけど、どの程度進んでいるのか楽しみ。

ビッグデータの活用には興味があるし、ぜひともこの辺りのeラーニングを受講してみたいな!

続報求む!